スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUR/DKKの状況

五月になりEUR/DKKの金利差は0.1%減の0.65%になりました。

微減なのでまだプラススワップは維持するでしょうが、

それよりも大事になりそうなことは

スイングに最適なNFXproの取引停止、金融庁のレバレッジ制限のニュース等です。。。

ペッグ制通貨は高レバレッジにおいてこそその力を発揮できます。

通貨ペアによって性格も様々なのに一律に何倍まで、というように政府が規制するのは

行きすぎたパターナリズムな気がします。

それはさておき、現状一番の利益を期待できるのはFXオンラインですね。

レバレッジをかなり高く設定できますので。

月に2割弱の利益は期待できると思います。
スポンサーサイト

USD/HKD

USD/HDKもドルペッグ制をとっているので
レート範囲が7.75~7.85とその差はEUR/DKK以上になっています。

さらに今は底である7.75にレートが近くなっているのでねらい目ですよ☆
ただ、スワップは売り買いともにマイナスのところが多いです・・・

今のところプラススワップなのはCMSさんくらいでしょうか。

むしろレートが底にあることを考えると売りからのスイングが有効なのではないかと思います☆

EURDKK取扱いFX業者

GFT系業者あるいはSVC証券、ヒロセ通商などがあります。

GFT系の業者は出金手数料などに違いがあるので

よく考慮してくださいね♪

大まかに言うならば

GFT系でのデメリットは取引をしないと口座維持費が発生してしまうので休止手続きが必要になってしまうこと、

kakaku-comやSVCなどのSAXO系では10万通貨以下の取引にミニマムチャージとして片道5ドルほどの手数料がかかってしまうことが挙げられます。

以下のリンクは2CHの掲示板ですが比較しやすくまとめてあります。

SAXO系総合

GFT系総合

FX会社比較

FXプライムです。

FXプライムは伊藤忠グループのJASDAQ上場FX会社です。
信託保全によって安心度も高いです

今ならキャンペーンで口座開設すると2000円もらえます☆

FXプライム

DKK

デンマーククローネは事実上ユーロとほとんど同じ値動きなのに

スワップが得られます!!!!

金利差はさしおいて・・・

安定性は一番です★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。